Menu

スキンケアの基礎

0 Comment

しっかり美肌を維持するためにスキンケアの基本を勉強してください。ケアをしているのかもしれませんが、間違ったケアかもしれません。肌のケアをしているつもりで肌に大きなトラブルを招くことになるかもしれません。

鏡まずは、ケアの常識を知ってください。まず洗顔についての極めて基礎の知識です。日々行うケアのひとつに洗顔がありますが、みなさんは意外と何気なく洗顔を行っているのではないでしょうか。洗顔は、肌をケアする第一ステップと捉えることができます。洗顔という意識を抜きにして、どんなに高価なパック、美容液を使用しても、毛穴の汚れや古い角質が邪魔をし有効的な効果を得られるはずはありません。洗顔によって、汗、ホコリ、古い角質など肌の不要物を取り除いたのちに化粧水や乳液、美容液やスキンクリームなどのスキンケア用品でしっかり保湿ケアをしましょう。

メイクをしないという場合でも皮脂はかなり汚れている状態です。そして、水程度ではなかなか汚れを落とすことは出来ません。皮脂など古い油分は放置しておけばどんどんと酸化して、肌を老化させる大きな要因を作ることになります。お手入れ前にはしっかり洗顔料を使用して、土台となるべき肌をいつも健康的に維持していかなければなりません。

洗顔料のタイプは、石鹸成分と合成界面活性剤を使ったもの2種類があります。石鹸成分は水で洗い流すと分解し、肌に洗浄力が残らないという特徴があります。合成界面活性剤は水や湯では分解されず、肌に成分が残り肌トラブルを招く可能性があります。更に基礎についてお話ししましょう。